正しいブラッシングで髪が見違えるほど輝く

公式サイト!

正しいブラッシングで髪が見違えるほど輝く

ブラッシング方法

 

一日に何度ブラッシングをしますか?

 

多くの人は、夜ドライヤーで髪を乾かした後や、朝ヘアスタイルを整える時に髪の絡みが気にならなくなるまで使うはずです。

 

 

ヘアケアやヘアスタイルと整える目的で、高価なドライヤーやケア用品を使う女性は多いと思いますが、ブラシに気を使っている人はどれほどいるでしょう。

 

ほとんどの人は、それほど気にすることなく使いやすいさや値段、誰からもらったか、どこで購入したかもわからない物を使っているのです。

 

 

なぜならブラシによって髪が変わる、影響があると思っている人はほとんどおらず、何を使っても同じだと考えているからです。

 

しかし、実際はブラシの種類や使い方によって髪は大きく変化し、自分の髪とは思えないほどの変化を感じることもできるのです。

 

 

ブラシには、髪の絡まりを解消しきれいに整える役目がありますが、他にも頭皮の血行を促進し、髪に艶を与えまとめる効果もあります。

 

今までブラッシングで頭皮の血行が促進している、髪がきれいになったと感じたことがない人は、自分のブラシを見直す必要があります。

 

 

また、ブラシだけではなく正しい使い方を身に着けることで、よりその効果を感じることができるのです。

 

 

正しいブラッシング方法

 

輝きがあり、まとまりやすい髪を手に入れるためには、ブラッシングの方法が大切です。

 

まず、髪をブラッシングするタイミングですが、髪を洗う前と朝のスタイリングの前が最適なんです。

 

 

髪を洗う前にブラッシングをするなんて意外だと思う人が多いと思いますが、一日が終わる頃には髪に汚れやスタイリング剤、皮脂がたくさん付着しています。

 

そのままシャンプーをしても、頭皮や髪が十分に洗えず毛穴のつまりにつながってしまうのです。

 

放置すると抜け毛や薄毛の原因にもなるので、このシャンプー前のブラッシングはとても大切です。

 

 

また、スタイリング前のブラッシングは髪の絡まりを抑え、頭皮にある皮脂を髪に塗る効果があります。

 

これによって、必要以上にスタイリング剤を使わなくても、自分の皮脂で髪をコーティングすることができるのです。

 

化学成分を使ったスタイリング剤には頭皮に悪影響を与えるものが多く、使用は最小限にとどめることが大切なのです。

 

 

ブラッシング方法は、いきなり頭皮から行わず絡まりやすい毛先を優しくとかし、そのあとに頭皮をマッサージしながら下へと移動していきます。

 

このとき、時間がないからと乱暴にブラッシングする人がいますが、これでは切れ毛や枝毛の原因になり、頭皮にも傷がついてしまいます。

 

力を入れずに気持ちいいと感じる程度に行いましょう。

 

 

正しいブラシ選び

 

皆さんはどのようなブラシを使っているでしょうか?

 

 

多くの人がナイロンやポリエチレンで作られた安いものを使っているはずです。

 

とても軽く、洗いやすいので清潔に使うことができるのが魅力ではないでしょうか?

 

最近は、100円ショップでもたくさん売られているため、自宅用と外出用、旅行用などいくつも持っている人も多いようです。

 

 

このようなブラシは手ごろで素人には扱いやすいものですが、肝心の髪や頭皮の健康を考えると避けるべきものと言えます。

 

第一に毛が硬く柔軟性がないため摩擦が生じやすく、静電気も起こりやすいのです。

 

その結果、頭皮や髪を傷め抜け毛や切れ毛の原因になってしまうのです。

 

 

本物を長く使いたい人たちの間で人気なのが、動物の毛を使ったブラシです。

 

メイソンピアソンもモデルや芸能人に愛用者が多く、プレゼントとしても人気のブラシです。

 

一度使うと他のものが使えないと言われるほど使用感が良く、髪の輝きとまとまりを感じられるそうです。

 

 

これは、頭皮環境を整え髪に自然艶を与えることができるからではないでしょうか。

 

少し高いと思いますが、色々なケア用品やドライヤーなどを購入することを考えたら、ずっとお得なのです。

 

公式サイトはこちらから↓