本物!公式サイト

絶対に使ってはいけないブラシとは?

キャップ

 

頭皮環境が悪化すると白髪や薄毛などの原因になってしまうこともありますので、毎日しっかりシャンプーしてケアする必要があります。

 

また、頭皮環境が悪化する原因は色々とありますが、その中の一つに髪をとかすために使用するブラシがあります。

 

ヘアブラシが頭皮環境を悪化させると考えた人はあまりいないと思いますが、実は使用するブラシによって思わぬトラブルを引き起こしてしまうのです。

 

では、頭皮環境を悪化させる絶対に使ってはいけないブラシとは何でしょうか?

 

それは、プラスチック製のブラシやナイロン製のブラシです。

 

プラスチック製やナイロン製のブラシは静電気が発生して髪の毛や頭皮にダメージを与えますし、ブラシの先が硬くなっていますので頭皮を傷付けてしまうこともあります。

 

こうした頭皮や髪の毛にダメージを与えるブラシではなく、頭皮に優しい毛先のブラシを使用すると良いでしょう。

 

柔らかい毛先のブラシを使用すれば頭皮は勿論のこと、キューティクルに負担をかけませんのできれいな髪を保つことができます。

 

では、どのようなブラシが良いのでしょうか?それは、猪毛を使用したメイソンピアソンです。

 

メイソンピアソンのブラシは適度な水分よ油分が含まれていますので静電気が発生しにくくなっており、これによってキューティクルに負担をかけることなく使い続けることができます。

 

それに、クッションパッドが付いていますので頭皮に負担をかけることがありませんし、適度なタッチでマッサージすれば血流を良くすることも可能です。

 

このようなことからも分かるように、プラスチック製やナイロン製のブラシは頭皮環境を悪化させる可能性がありますのでメイソンピアソンのような頭皮に優しいブラシを使用しましょう。

 

 

洗髪後すぐのブラッシングはNG

 

お風呂に入ってシャンプーで洗髪し、その後すぐにブラッシングする人もいるでしょうが、これは頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまいますのでNGとなります。

 

では、どうして洗髪後すぐのブラッシングはNGなのでしょうか?

 

それは、濡れている髪はキューティクルが開いた状態にありますので剥がれやすくなっており、そのキューティクルが剥がれ落ちると髪の毛が傷付きやすくなってきれいな髪を保つことが困難になります。

 

また、洗髪後すぐは頭皮がふやけて柔らかくなっていますので、ブラッシングしてしまうと頭皮が傷ついてしまい、それが頭皮環境を悪化させる原因になってしまいます。

 

こうしたことからも分かるように、洗髪後すぐのブラッシングはNGとなりますが、ドライヤーですぐに乾かすのもあまり良くありません。

 

必ず優しくタオルドライしてからドライヤーで乾かすようにしましょう。

 

そして、ブラッシングは絡まりやすい毛先からが基本となっており、毛先にブラシが引っかかると頭皮を引っ張って負担をかけたりダメージを与えたりするからです。

 

 

ナイトキャップが人気

 

きれいな髪を保つためや頭皮環境を整えるために使用されているアイテムは色々とありますが、その中の一つにナイトキャップがあります。

 

ナイトキャップは古くから頭の防寒道具として使われてきましたが、実はきれいな髪を保つためになりますし頭皮環境を整えることもできるのです。

 

また、寝癖がつきにくいので翌朝のブラッシングが楽になります。

 

では、どうしてナイトキャップが髪の毛や頭皮に良いのでしょうか?

 

それは、枕や寝返りなどによる摩擦を受けにくくなるからです。

 

頭の重さだけでも負担をかけていますが、そこに摩擦が加わることで負荷がかかって頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまいます。

 

このようにナイトキャップを被ることによって摩擦や刺激などから髪の毛や頭皮を保護することができるため人気を集めているのです。

 

公式サイトはこちらから↓